ちらは東京上野で仕事の出張中、旅先のスナックで一杯やっていると、女が我慢しきれない程、恋しくなる時がある。 そんな時は大抵の場合気軽に遊べる風俗のデリヘルを選ぶことにしている。

スナックで飲みながら、マスターにそれとなくデリヘリのことを尋ねると、さっそく紹介してくれた。 高級デリヘリといわれる処へテレを入れると、女が応対し快い返事が返ってきた。 スナックに女が現れると飲代の勧請を払って、早速、女を小生の定宿でもある駅前のホテルへ案内した。

部屋に入って先ず顔をあわせると、意外に大きい胸に改めてビックリ、Fカップ、Gカップと思わせるほどの巨乳であった。
驚きながらもニッコリと笑顔の表情で軽いキスを交わす。 次の瞬間にはお互い深い深いキスを交わす。 コレでお互いが意気投合。

女が裸身になると、既に熟れきった体、張りつめた巨乳が眩しいくらいだ。 このオッパイを撫でまわすと、女は惜しげもなく熱く火照らせ、女盛りの熟女たっぷりの体を晒している。 これだけで既に、私のチンはビンビン。

ベットインしてからは双方、絡むように体中に深いキス。 特に、目立つ巨乳部分が張っているので、私の顔や胸に快く突き当たる。
このまま彼女の秘密の部分にズボッと納めたい気持ちだが、さすがに其れはノーと言われ叶わず、次には口でパっクリとくわえ込んでのオフェラである。

私のチンの根元から突端まで舌で撫で回し、指と口とで弄られると、もう既に限界に達した。 そして、思いっきり放出・・!。
女は、「気持ち良かった・・?、それにしても沢山出たわね、」だって。
東京・上野でのデリヘルの素晴らしい体験であった。